社長コラム 2022.06.17 還暦には赤いサンサンゴを!

1962年、寅年の昭和37年5月にこの世に生を受けまして、恥ずかしながら60歳になりました。

還暦では赤いちゃんちゃんこを着て盛大にお祝いするようですが、それにどういう意味があるのか実は良く分かっておりません。

赤いちゃんちゃんこはあまりイケてない感じがしたので遠慮しましたが、まあお祝いです。
「貰えるものは喜んで!」という広告屋としての習性で、プレゼントはありがたく頂戴しました。

オリジナルラベルのビールやワインなど『健康にはお気をつけください』と言うメッセージとともいただいたたくさんのお酒(笑)にE.YAZAWA仕様の赤いタオルなどなど。

Bigbeatの仲間たちは赤いストラトのケーキとダルマさんでお祝いしてくれました

さらに当社のDNA BOOK(クレドみたいなもの)をパロった『代表ハマロから言われた一言集』!

これは言葉にならないほど嬉しかったです。
現役社員と卒業生の寄稿による80ページを超える大作でした。(制作秘話はこちら)




※1部本文より抜粋


振り返れば、「好きな人や物に囲まれ、好きなことをたくさんやっていたい」ひどく我儘な人生です。
10代、20代に出会ったものが大好きで今でも追いかけてます。その頃の音楽を聴き、エレキギターを弾く。LIVEやイベントを企画する。
広告という、これもまた20代の頃からずっと好きな仕事を好きな仲間とやる。

とにかく人が楽しめる場所、笑顔になる場所を創り、その真ん中で自分も楽しみたい。
そのために、時に無茶なプランを実現しようして周りを混乱させることもシバシバです。

「少しばかりは堅実で真面目な生き方を選択した方が良いのかな?」
とはあまり思わず、ジジイになったので、より自由に生きたいと思います。
 
誕生日を迎える5月に、大好きなバンドメンバーたちとの久しぶりのLIVEがありました
「そうだ!俺には赤いチャンチャンコではなく赤いサンサンゴ(※)の方が似合うはずだ!」と新しいギターで自らを祝うため(という口実で)、お茶の水の楽器店を回りました。

※赤いサンサンゴ(⑬ES-335/セミホロウボディ) 
 出典:https://muuu.jp/e-lesson/e-lv-1/



なぜか、赤いサンサンゴではなく金色のレスポールに出会い、一目惚れして連れて来てしまいました。

https://www.youtube.com/watch?v=FLQ1dE0SDVw
※Honky Tonk Women by Okonomi BAND ぜひ実際の演奏をお聞きください(笑)


こんな男の記念日を、生涯忘れられない想い出にしていただいた仲間たち、そして家族に感謝します。

Recommend
Ranking
  1. 還暦には赤いサンサンゴを!
  2. だからここにいる、これからも
  3. 80ページのラブレター
  4. Bigbeatの経営とかけまして、旅&恋愛と解きます。その心は、、、
  5. 【2019年版タイレポート】 実はバンコクってこんなところ!
Mail magazine