社長コラム 2021.08.25 子どもと未来とグローバル



これまでのイベントや制作物で作られたビジュアル。 


私どもBigbeatが自社で制作し、発信するデザインは、このような子どもをモチーフにしたものが多いです。
広告会社のイメージらしい、“シュッとした感じ” のデザインではございません。
そもそもシュッとしたクールな会社ではないということもありますが(笑)、子どもたちが登場するのは、以下のような理由からです。  

政治・行政に限らず、あらゆる企業の活動、つまり私たちの仕事の全ては、より良い未来を創るためにあるのだと思います。私の父や祖父の時代、主に昭和世代の先輩たちが懸命に働いたことで、我が国は生命の危険にさらされず、 多くの人が好きな仕事に就ける社会が創られました。
子どもたちの笑顔を見るたびに、私たちが生きる今の時代より、「より自由でより豊かな社会を創るための仕事がしたい」と感じるのです。  

 
「グローバル」はビジネスにおいても、日々の生活においても、非常に重要な一つのキーワードです。
地球温暖化によるあらゆる現象を通して「地球は一つの生命体」だと感じ、昨年から世界を襲うコロナウイルスの影響でその思いはさらに強くなりました。  

グローバルという言葉を聞くと、自社の製品やサービスを世界の人に利用してもらうことや、賃金格差を利用した製造の効率化、労働力の確保などをイメージすることも多いと思います。 
しかし、これからBigbeatが目指すグローバルとは、国や文化を越えて海外の方々と共に働き、一緒になってサービスや製品を産み出し、 色んな国で鍛えられることでより強いサービス・製品へ進化して、世界中の多くの人に利用してもらう…、そんなグローバルです。 
そうした働き方が当たり前になる世の中が、もう間もなくやって来ると思います。そして、私たち自身もグローバルな考え方・働き方をしている会社の一つでありたいと思っています。 

その一歩として、まずはASEAN・アジアの人たちとの共創を実践したいと思い、2018年にタイ・バンコクに拠点を設けて、アジアでのビジネスの第一歩を踏み出しました。
まだまだ時間のかかる取り組みではありますが、一歩ずつ前へと進めております。 




そして、8月26日を第1回目として、11月まで4か月連続で開催する『Bigbeat LIVE ASEAN ~おそとで遊ぼう!~』は、このような私たちの思いを発信して、共感していただける皆様同士、そして私たちと皆様が繋がる場を創るために企画いたしました。  
おそとの世界に可能性を感じているたくさんの皆様と出会い、一緒に遊ぶ仲間を探して飛び出してみる、そんなエネルギーが生まれる場所にできればと考えています。
これから4か月の間、1人でも多くの皆様とお会いできることを、楽しみにしております。


▼Bigbeat LIVE ASEAN ~おそとで遊ぼう!~ vol.01
https://bigbeatlive-asean.com/
 
Recommend
Ranking
  1. 元・画家のデジタルマーケターが愛するオフラインの世界|アカウントチーム・松本
  2. 【2019年版タイレポート】 実はバンコクってこんなところ!
  3. 子どもと未来とグローバル
  4. マーケティング思考の設計・コンテンツで学生から選ばれる企業へ ー ビッグビート採用担当者の視点
  5. リハは1セッション最低3回「自社ならではのコンテンツ作り」に注力するマクニカネットワークスの哲学
Mail magazine