ニシタイ 西葛西駅前タイムズ

SNS
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

Akko先生のスキマヨガ 2017.07.28 座ってできるスキマヨガ―肩がこったときに!

肩がこっちゃって、もうばきばきです…いてててふふふ




「たしかに腕がまっすぐ伸びていないね。」とakko先生。
「肩回りをほぐしてあげましょう」




「まずは右手を下にして両腕で自分を抱きしめるようにして肩甲骨をさわってみましょう。座りながらでできますよ」




「抱きかかえたまま肩を上げます。肩甲骨を意識してみてね」




「肩甲骨をゆっくりおろしたら、肘と肘を合わせて腕をからめてみましょう」




「吸う呼吸で肘を持ち上げながら胸から少し反らせてみましょう」




「吐く呼吸で腕を倒しながら肩甲骨を後ろで引き離すように背中を丸めていきます。この動きを3回繰り返します。」




「最後しっかり息を吐ききったら、腕のからめを解いて背中の力、首の力も抜いて脱力。」




「腕を上下入れ替えて反対側も行ってみましょう。まず肩甲骨の動きを感じてみましょう。」




「肘を合わせて手を絡ませたら、ゆっくり息を吸いながら肘を上げ胸から反らせてます。」




「ゆっくりと息を吐きながら、腕を前に倒してその手に引っ張られるように背中を丸め肩甲骨を後ろで離していきます。反対側も3回やってみましょう。」




左右3セット繰り返した丹藤(たんどう)さん、腕を上げてみると…!




か、肩が、軽いっ!




いえい!





★Akko先生のアドバイス★

会議やデスクワークで長時間同じ姿勢を取っていると、肩回りや腰回りが凝り固まってしまいます。
今回は肩回り、肩甲骨の動きをよくするガルーダアーサナ(鷲のポーズ)の腕だけの変形バージョンです。
肩甲骨回りの僧帽筋、肩甲挙筋などを動かしてほぐすと腕の動きがスムーズになり血流、リンパの流れも良く、肩こりや五十肩の予防にもなります。
肩から首、そして頭部の血流も良くなるので、スッキリと眠気も覚めますので、仕事の合間のちょっとした時間におすすめです。
Recommend
Ranking
  1. 高知発のクラフトビールで、食卓を豊かにしたい|瀬戸口信弥氏(後編)
  2. 代表濱口、2019年の自分と広告業界を振り返る
  3. 「好き」を貫いてイタリアから来日!いつかは母国と日本の懸け橋に
  4. 高知発のクラフトビールで、食卓を豊かにしたい|瀬戸口信弥氏(前編)
  5. ビジネスと未来-自分の生き方をデザインする|山崎満広氏(後編)
Mail magazine