2006.01.13 Happy New Year BigBeat!!

新年明けましておめでとうございます。
本年も西葛西駅前タイムズを宜しくお願い申し上げます。


挨拶はここまでにして本日は
2006年1月6日(金)、その日は2006年初の金曜日。
心もウキウキ、気持ちはワクワク。
それもそのはず今日は「BigBeat2006新年会」なのです。
しかしその話は今は置いておきまして
今回はBigBeatの新年の始まりから今日までを
取材した模様を今回は皆様にお伝えしたいと思います。


■2006年1月4日(水)
今日はBigBeatの仕事始めだ!
まずは濱口社長の新年の挨拶後に軽やかにシャンパンを開け、新年を祝う。
その後に毎年恒例の社員総出で御茶ノ水の神田明神へ!


そこには多数のスーツ姿の方が!
皆さんやっぱりここなんですね~。


そういえばなぜ毎年神田明神なのか?なぜかというと…
まぁ後日編集部研修生マークが取材してくれるでしょう。
非常に投げやりな感じですがそれが西タイ編集部。


そして初詣後は、BigBeat戦士はクライアントの皆様への
新年のご挨拶へ高知名物「野根まん」を武器に旅立って行った。


■2006年1月5日(木)
新年2日目です。
いよいよ本格始動のBigBeat号。


必殺の武器「野根まん」の需要が今年もすごかった…。
管理部Y崎さんの予想を今年も上回る勢い。
まさに今年のBigBeat号の先行きを示しているかのように
次々と野根まんが売れてゆく。


そのとき事件は起こった…。


野根まん需要がオーバーヒート、社内で野根まん獲得を狙う骨肉のバトルが!
まさにここは戦場!
各自野根まんを死守せよ!!


■2006年1月6日(金)
今日は新年会、しかし編集部はお邪魔せず後日運営を任された1年生に話を聞いた。


「いやー完璧でした」
「皆さんにお褒めの言葉頂きました、勝利の美酒に酔いしれました」
「みなさん楽しかったようですよ」


あ、あやしいっ!!
あやしすぎる!!
そんなバカな…成功する訳がない。(←勝手に決めつけている)
前日の夜、全速力で買い出しに向かう1年を見たという証言があるのに…
なので一つ上の2年生に真実を聞いてみることにした。


「T田の司会以外はイマイチだったね」
「まぁ何とか成功したって感じ」
「え?成功?どこからそんなデマがっ!!」


いやーまさにこれが真実なのだろう。
きつーいお言葉も多数いただいたようだが、
がんばれ1年生。これが大きくなる道ってもんだ。


次回、期待してますから!!←強調


2006年BigBeat号はどんな新しい大陸を発見するのだろうか?
差し詰めコロンブス、バスコ・ダ・ガマ、風船おじさん。
人は違うが「オモイ」は一緒である。
編集部は今年もそんなBigBeatを追いかける。

Recommend
Ranking
  1. 2022年 「ビッグビートはどこへ行く!?」年始ご挨拶と挑戦
  2. Happy New Year BigBeat!!
  3. 濱口の思うつぼ!?思い描いた通りの結末に導く方法とは?
  4. 「コミュニティ」を知らなかった新卒2年目が、コミュニティの力を目の当たりにした2日間
  5. 【2019年版タイレポート】 実はバンコクってこんなところ!
Mail magazine