Bigbeat 2021.01.19 原動力は”憧れ”!目指すはHappyを感じるイベントづくり|事務局チーム・石川

「ビッグビートの部屋~PEOPLE~」へようこそ
仕事もプライベートも楽しむビッグビート社員たちのウラ側(オモテ?)を、ちょっぴりお見せするコーナーです。
(注)時々マニアなネタも飛び出します

Today’s ~石川の部屋~
「東京の会社で働くことが夢だった」と語る事務局チーム・石川。目を輝かせながら、当社22Fのオフィスに入ってきた様子が社員一同忘れられません。

一見ふわふわしているように見える彼女ですが、常に憧れを持ち続け、目標を見据えるまなざしはとても力強かった!彼女の次なる目標とは?

 

 

”遊び”としてのイベントと”仕事”としてのイベントの違い

—ビッグビートでの仕事はなんですか

イベントの事務局業務を担当しています。

最初は営業として入社したのですが、9月の配属時に事務局になりました。
イベントサイトの構築や、イベント本番時の問い合わせ対応、メール配信業務等を行っています。

事務局ではお客様とお話する機会がなくなってしまうかなと思っていたのですが、お客様との打合せに同席して私が直接お話することもあったので、営業で学んだことが活きていると思っています。

最近、お客様から「迅速な対応をしてくれてすごく助かりました」と褒めていただけたのがとても嬉しかったです!




ー事務局としての活躍もこれから楽しみですね!プライベートのことも聞いていきたいのですが、ハマっていることはありますか?

流行には敏感だと自分では思っていて、常にアンテナを張っています!
漫画・アニメ・音楽等、流行っているものは一通り抑えているのですが、それとは別に、毎月ハマっていることが違うんです。この前までは80年代アイドル、今は龍が如くのゲーム実況を見るのにハマっています(笑)

80年代アイドルにハマったきっかけは、Youtubeのおすすめに出てきたこと。今とは違う衣装や舞台の豪華さ、華がある世界、かっこよさに魅せられて、素敵だなとずっと見ていました!

龍が如くは、父の影響で実は昔から好きだったんです。一本の映画を見ているようなクオリティのストーリーで、毎回泣いてしまうんです。好きなYoutuberさんがゲーム実況を始めたので、見るようになりました。再ブームという感じです!キャラクター一人ひとりの熱い思いがカッコイイんですよ!

ーじゃあ趣味はYoutube鑑賞?

そうですね。あと、テレビも好きなので、ドラマとかもよく観ています!
大学は国際コミュニケーション学科で、演劇研究のゼミに所属していました。

舞台とか芸能界とかに憧れがあるんだと思います。私ミーハーなのかな?と思うこともあるくらいで、エキストラにも参加したこともあるんですよ(笑)

ー芸能界に入ったりYoutuberになったり、そういう道は考えなかった?

めちゃくちゃYoutuberになりたくて!(笑)

ー今も?(笑)

今もです!(笑)
「〇〇やってみた」のような企画を考えたり、人を楽しませたりすることが好きで、昔からイベントごとは全力でやるタイプでした!

ハロウィンと卒業式は、大学でちょっと話題になりましたよ!
ハロウィンはヲタクのコスプレをしました。笑わせにいこうと思って臨んだのですが、教室に行って友達も先生も笑ってくれたのでとても嬉しかったです!



卒業式は、コロナウイルスの影響で卒業式が無くなり、証書だけ取りに行くかたちになってしまったので袴をキャンセルしてしまったんです。でも、他の友達は袴を着て行くということだったので、私も何か記念になるような写真を残したいなと思い、同じく袴をキャンセルしてしまった友達を誘って、鬼滅の刃のコスプレをしていきました(笑) 話題の漫画だったこともあって、これも皆から笑ってもらえました。誘った友達からは「一緒にやってよかった!忘れられない思い出になった!」と言ってもらえました!

ー今は広告会社でイベント企画が仕事になっていて、石川さんはそのサポートをする側になっていると思いますが、今までの感覚と何か違うことはありましたか?

プライベートで企画を考えるときは、自分がやりたいことを起点として考えていたと思うのですが、お仕事としてのイベントは、届けたい相手やコンセプトがあって、そこからつくりあげていく。気にするポイントがたくさんあって、ロジカルに考えなければいけないなと発見がありました。

また、事務局業務では、自分だけのスケジュールで物事が動かないことがあって、仕事にスピードと「私がやらないといけない」という責任感が必要になります。私はそれに、プレッシャーよりもやりがいを感じて日々仕事をしています。「事務局は石川なつ美さんにお願い」と言ってもらえるようになったら最高です!

 

未完成な私、いくつになっても成長したい

ー憧れている人はいる?

その時にハマっているものによって違うのですが・・・
「プラダを着た悪魔」みたいな、仕事ができる女性にはずっと憧れていました!
私はずっと田舎に住んでいたということもあり、身近に高いヒールを履いてオシャレな街でバリバリ働いているような大人の女性がいませんでした。身近にそのような存在がいないが故に、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンに余計惹かれたのかもしれません。小さい子が童話のお姫様に憧れを抱くような感覚です!

だから東京で働きたいという気持ちが強くて、人生のゴールが東京のオフィスで働くことでした!(笑)今でもビッグビートのオフィスにドキドキします・・!

あと、ウォルトディズニーの「ディズニーランドは永遠に完成しない。」という言葉があるのですが、私もいくつになっても日々成長し続けて、年齢で挑戦するのを諦めたくないなと思っています。
いくつになってもずっと挑戦をし続けている人は、憧れます。

ー憧れを持ち続けて良い事はあった?

常に目標があることで、近づくための努力をするので生活に張りが出るなと思います。モチベーションも上がりますね!

例えば、「The Vamps」というイギリスのバンドにハマった時に、グリーティング(メンバーと話すことができるイベントのようなもの)で自分の言葉でメンバーに愛を伝えたいと思い、英語猛勉強&短期留学を決めました。英語でやり取りをしているファンの方々に憧れたんです!結局グリーティングの抽選には外れてしまい、想いを伝えることはできませんでした・・
ちなみに英語も話せるようにはなりませんでした・・・(笑)でも留学はとても楽しかったです!

憧れる対象がいなかったらモチベーションを保って努力をする、とかできなかったと思います。

 

人生の目標は、楽しく生きること!

ー石川さんは常に誰かの素敵な面を見つけて、それに憧れを持って追いかけているのだなと感じましたが、挑戦してみたいことはありますか?

海外に住んで、海外で仕事をしたいという憧れがありますが、今はコロナウイルスの影響もありすぐに叶えることが難しいので、今は海外の縛りは無く、色んな人と関わって色んな人の考え方を知りたいなと思っています。

入社後の研修期間中に、「石川さんはプレゼンが上手だね」と先輩社員から言われたのですが、自分では全く思っていなかったところだったのでびっくりしました。これは新しい発見で、とても嬉しい言葉でした。
この1年は、基礎的なことを勉強してきました。次は、もっともっと新しいものに触れながら視野を広げて、仕事に活かせるスキルを身に着け、強みも見つけていけたらと思っています。”流行に敏感”ということも、まだ仕事に活用ができていないのですが、これも一つの強みとして、どこか仕事にも取り入れていけたらいいなと思います。



あと、私の人生の目標は、「楽しく生きること」です。ビッグビートに入ったのも、「関わった人すべてがHappyを感じる」という企業理念に共感したから。

人を楽しませることが大好きなので、皆におもしろいと思ってもらえるようなものが作れたらいいなと思っています。「石川さんが関わってくれたあのイベント楽しかったよ」とか言われたら、たぶん泣いちゃいます(笑)
プライベートも仕事も区別せず、仕事も作業だと思って淡々とこなすのではなく、やる意義と楽しみを見つけて貢献していきたいです。
Recommend
Ranking
  1. 『ふぞろいの林檎たち』のころ
  2. 元・画家のデジタルマーケターが愛するオフラインの世界|アカウントチーム・松本
  3. 【2019年版タイレポート】 実はバンコクってこんなところ!
  4. BtoB企業のブランディングを考える
    イマジナ関野吉記さん×濱口豊
  5. なぜIT企業が鯖江に注目するのか—Hana道場代表・竹部美樹氏
Mail magazine